銀のしゃもじ亭

ゲーム制作状況とか絵とか色々

2014年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

三銃士の日(でした)

20140314.png

長い事放置してすみませんでしたーって言った矢先にこれかよ。
年も明けて早3ヶ月が過ぎましたが私は元気です。
三銃士の日に間に合わせようと絵を描いてましたが見事に遅刻しました!!
厚塗りがもっと早く描けるようになりたいなぁ…。
厚塗りじゃなくても、もうちっと17世紀の雰囲気に合った絵が描きたいので今ちょっと模索してる最中だったりします。アニメ塗り全身絵もそのうち全部描き直すかもー。
重厚感のある絵が描きたいんじゃよ…。


話は変わりますが先日3月8・9日、三銃士の舞台3本(!)を観るために東京遠征してきました。
最初は2本だけの予定でしたが半年前に観た韓国ミュージカルが再演するとのことで、急遽チケットをとりました(このチケットが一番高いのですけどまさに即断即決といった感じで一片の迷いもなかった)。
あのミレディが好きなのでどうしてもまた観たくなっちゃったんですよね~。
韓ミュについては夏の記事で大体書いてるので省きますが、観た後で思ったのはやはり我が生涯に一片の悔い無しという事でしょうか。アトミレは心の栄養剤でした(?)。

初日に観たトラベルモードのニセ三銃士のお話も喜劇でとても面白かった!
観る前はどんな話なのか全く想像つかなかったんですけど、ダルが敵に追われるシリアスな導入部からカレーの宿屋に場面が変わって一変、三銃士の名を騙る偽物三人が登場しそこからどんどん話がエスカレートしていって、最後にはどんちゃんな事になってハッピーエンドで締めくくるんですけど、始終笑ってました。
公演プログラムの写真が皆さんすごく格好良いのに舞台の上ではすごく面白い。
ジュシャール(ジュサックとロシュフォールを混ぜたような名前…!)が一々格好つけまくってたのがツボった。ダルも本物の三銃士が死んじゃったと勘違いして幽霊を探そうとする場面に大ウケしたし、始終マイペースなベルボーイも良かった。最後の大乱闘でダルに殴りかかった時は爆笑しました。
リピーターしたかったんですけど時間の都合で無理だったのが残念です…また観たい。

それから夕方になって牧阿佐美バレエ団の公演。バレエは未知の世界だったのでどんなものかなあと…この機会に知っておくのもチャンスだと思い観に行きました。
生オーケストラはいいですね~。とても優雅な気分に浸れました。
女の人のスカートがふわふわ揺れるのが綺麗。くるくる回転するのがすごい。何かよく分からんけどすごい!!と、私の乏しい知識と文章ではとても説明しきれないので気になった部分だけ上げると、ロシュフォール…お前どこ行っても安定の眼帯キャラだよなぁ(ニヤニヤ)。これは我が愛しのロッシーを最初に眼帯キャラにしたレスター版(なのかなぁ?私が知ってる中ではこれが最古なのですがもし違ったらごめんなさい)に感謝せざるを得ない。
そんなロッシーがダルに騙されて半裸にされたりコンスに蹴りを入れられてたのが個人的ハイライトかなぁ。本当に超個人的すぎて申し訳ないわ。

翌日の韓ミュが開始する前、少し時間があったので国際フォーラム周辺を散策して皇居の周りを歩いてみましたが広すぎて桜田門に行くのを途中で諦めました(
楠木正成の像は見れたし写真も撮ったぞ。
帰りの新幹線は午前11時の指定席取ってたんですけどご覧のとおり急遽韓ミュを観る予定が入ってしまったので結局17時過ぎの自由席でしたが、品川からだと既に人一杯で座れませんでしたビャー。仕方なく新横浜まで立ち乗りでしたがその時に座れて良かったー。ここで座れなかったら名古屋まで長いんだよね…。
という勉強にもなったし、今回の三銃士ツアーで色々スイッチ入ったのでまたぼちぼちゲ製頑張ります。

ゲ製もだけど絵も描きたいなぁ。
スポンサーサイト

| 絵とか | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |